~治療院のデスクより~

こんにちは。

整体院心斗の水谷です。

本日もブログをご覧いただき

ありがとうございます。

 

 

ついに梅雨入りしましたねぇ。

 

梅雨入りしても最近は

晴れたりスコールみたいな

雨が降ったりと

昔と比べると

梅雨っぽくないですよね・・・

 

 

気候の変化にも慣れていかないと

いけないですね。

 

 

 

さて今日は

腕の痺れに関する

ことについてお伝えしますね。

 

 

何もしていなくても腕が痺れたり

首を動かすと痺れが出たりと

意外と腕や指先に痺れが出て

悩んでいる方って多いですね。

 

 

病院にいくとよく言われるのは

頸椎椎間板ヘルニアですかね。

 

 

椎間板ヘルニアは

ヘルニアによって神経が圧迫されて

その神経領域に痺れが出ますよって

状態ですね。

 

 

神経圧迫による痺れって

その神経が関与している場所に

痺れが出ます。

 

 

そのためどこが痺れているかによって

椎間板の何番目が原因かって

大体わかるものなんです、

教科書的には・・・

 

 

しかし痺れの訴えってその神経が

支配している領域とは

関係なかったり

2つの神経をまたいだ領域に

痺れが出ていることがあります。

 

 

いや、むしろ

神経支配領域を無視した

痺れの方が多いくらいです。

 

 

 

そうなってくると

椎間板ヘルニアが原因って

考えるのって難しくないですか?

 

 

そこで筋膜リリースで

首から腕に関わる筋膜を

調整すると

痺れが改善することが多々あります。

 

 

筋膜リリースで痺れが改善するのであれば

痺れの原因がヘルニアによる

神経の圧迫ではなくなりますよね。

 

 

だってヘルニア自体が消えるわけじゃ

ないですもんね。

 

 

腕が痺れるからレントゲンやMRIを

撮ったらたまたま頸椎が歪んでいたり

ヘルニアがあっただけで

本当にヘルニアや変形が

痺れの原因とはわからないんですよ。

 

 

 

椎間板ヘルニアで痺れがずっと出てるから

これは手術してヘルニアを取らないといけない

なんてことしか考えてない人は

是非、筋膜による原因を考えてから

手術するか決めてみて下さいね。

 

 

腕の痺れの筋肉に関与しやすい

筋肉はたくさんあります。

 

 

その中から影響しやすい筋肉を

次回の時にお伝えしますね。

 

 

 

本日も最後までお読み頂き

ありがとうございます。

 

 

痺れでお悩みの方で

筋膜リリースに興味のある方は

こちらもご覧くださいね。